FXとは

FXを簡単に説明すると、「安い時に商品(ドル)を買って、高い時に買った商品(ドル)を売る」この差額で利益を得る。というシンプルな取引です。

例えば、

1ドル/80円の時に、1,000ドル(80,000円)購入。(仕入れ)
1ドル/100円の時に、購入した1,000ドルを売ったとします。(販売)

1ドル/100円の場合、1000ドルを日本円に換算すると、100,000円です。

100,000円(販売) - 80,000円(仕入れ)= 20,000円(利益)
この差額が利益になります。

逆に、1ドル/70円で売った場合は、-10,000円の損失になります。

FXはこの取引を繰り返しながら利益を増やしていきます。

世界中のお金を売買する金融商品

「FX」とは外国為替証拠金取引(Foreign eXchange)の略です。
世界中のお金を売買する金融商品です。株取引との違いは、倒産や上場廃止等のリスクがありますが、
FXは、通貨の売買なので、国が破産しない限り安心して取引ができます。

コストのかからない金融商品

FXの魅力は取引コストの安さです。売買するにあたって「スプレッド」という取引コストがかかるのですが、このスプレッドが安いです。外資預金だと、スプレッドが約1円+取引手数料がかかりますが、FXの場合、米ドル/日本円で大体「1銭(pips)」中には「0.3銭(pips)」という業者もあります。
取引手数料もほとんどの業者が無料となっています。

また、FX最大の魅力として、投資額のMAX25倍(2012年4月現在)の金額で取引がきる「レバレッジ」というシステムがあります。「レバレッジ」により、多額の軍資金がなくても、少ない資金で大きな儲けが狙えるということが可能です。

24時間いつでも取引が可能

FXは24時間取引できます。(土日を除く)
携帯電話やスマートフォンの取引ツールもあり、外出先でチャートを見たり、マーケットニュースなどいろんな情報が得られるので、パソコンがなくてもどこでも自由に取引が可能です。

稼げる・儲かるといわれているFXですが、何の知識やルールを持たずに始めると、間違いなく失敗します。FXはギャンブルではなく、正しい知識や取引のルールを守れば、立派な投資となる金融商品です。
これからFXを始める方は、まずFXの仕組みを理解してから取引を始めましょう。

初心者におすすめのFX業者

FX業者名 対応OS スプレッド 取引単位 手数料 詳細
Mac OS 10.4.11以上 0.2銭原則固定(米ドル/円) 10.000通貨 無料 詳細
MAC OS 10.14以上 0.2銭原則固定(米ドル/円) 10,000通貨 無料 詳細
OSX 10.10以上 0.2銭原則固定(米ドル/円) 1.000通貨 無料 詳細
Mac OS 10.6 以上 0.2銭原則固定(米ドル/円) 1,000通貨 無料 詳細
Mac OS 10.4 以降 0.3銭原則固定(米ドル/円) 1,000通貨 無料 詳細
Mac OS 10.4.7以上 0.7〜1.0銭 10.000通貨 無料 詳細
カテゴリー: FX初心者講座 パーマリンク