FXのリスク

投資では、儲かる事もあれば、損をすることもあります。
FXも同じで、リスクを理解していなければ、大きな損失になってしまいます。
損失を最小限に抑える為にも、しっかりとリスクを理解しておきましょう。

為替変動リスク

為替の変動によって利益を出すのですが、自分の予想とは違う動きになれば、損をする事になります。 値動きが短時間で急激に変動し、狙った金額で約定できない場合もあります。 また、少ない資金でも多くの取引ができるレバレッチですが、レバレッジの倍率が高いほど、少しの変動でも大きな損失になってしまいます。 変動リスクから守るために、一定のラインを越えるとFX業者が強制的にポジションを決済する「強制ロスカット」を採用してますが、 為替変動によるリスクを最小限に抑えるためには、ある程度余裕をもった証拠金を用意し、資金管理を徹底することをオススメします。

システム障害リスク

取引ツールはパソコンやスマートフォンを使用するのですが、インターネット回線が途切れたり、業者のサーバにトラブルがあった場合、取引ができなくなります。エントリー中、損切りする前にこういった障害が出ると損失がでる恐れもあります。

金利変動リスク

FXには、各通貨の「金利差」よって利益がでる「スワップポイント」があります。 高金利通貨で低金利通貨を買った場合、取引額の他に、金利の差額を払うことになります。 「スワップポイント」目当ての取引の場合、金利の変動により、当初予定していた利益が得られないこともあります。

流動性リスク

為替の急落や急騰が起きた場合、「売り」「買い」がどちらかに偏り、狙った価格で注文ができなくなるリスクがあります。 FX業者により約定力の差があるので、口座を開設する時は注意してみた方がいいです。

感情によるリスク

正直、最大のリスクは自分の感情によるリスクだと思います。 理由もなくやみくもにエントリーする、負けを取り戻そうとlot数をふやす、損切りできず持ち続ける、取引ルールを守らない、などの感情によるリスクが一番大きいです。 逆に、自分の感情をコントロールできれば、最小限のリスクでトレードができると思います。(自分の場合は、ほぼこれです(笑))

カテゴリー: FX初心者講座 パーマリンク