FX業者(口座)を選ぶ

FX業者を選ぶポイントとして、おおまかに以下ポイントがあります。

  • 取引手数料
  • スプレッド
  • 約定力
  • 信用できる業者か

取引手数料

FXで利益をあげるには、取引コストは重要です。
取引回数が増えれば、その分取引手数料も増えるので手数料は安い方がいいですよね。
最近は、「取引手数料無料」の業者も多いです。

スプレッド

売値と買値の差額を、スプレッドと呼びます。

1ドル/ 売値=81.00円 買値=81.02円
上記の場合、スプレッド幅は2銭(2pips)になります。

ドルを81.02円で買った時点で、すでに2銭のマイナスになってるということです。

このスプレッドの幅が狭いほど、取引側には有利になります。 スプレッドは業者間で設定がかわります。

約定力

約定力が低い業者は、注文した値段よりも少しズレる場合があります。
特に相場が急変したとき、利益確定や損切りした値段よりはなれたところで決済される事もあります。
デイトレーダーやスキャルピングをメインに取引する方は、約定力はとても重要です。

信用できる業者か

FX業者の信用度もとても重要です。
この信用度を測るのが「自己資本規制比率」です。
「自己資本規制比率」が200%以上が安全の目安とされてます。
各FX業者の公式ホームページに公表されてるので、必ずチェックしましょう。

以上が、FX会社(口座)を決める時のポイントです。

業者を選ぶ際、どうしても取引コストがメインになりがちですが、あなたの大事なお金を預けるわけですから、FX業者の信用度も考慮に入れて選びましょう。

カテゴリー: FX初心者講座 パーマリンク