FXと外資預金の違いとは?

FXは外貨預金と似た性質を持った資産運用。しかし、利益を上げる方法としてまったく異なります。

投資額に対してリターンが大きい

FXは、少ない投資金額で大きなリターンを得られる可能性があります。外貨預金と違い、証拠金を担保にレバレッジをかけることができるからです。しかし、予測が外れたときは損失も大きくなります。ロスカット機能もありますが、注意しなければなりません。

いつでも引き出せる

外貨預金は、定期預金的な性質を持っており、満期日にならないと引き出せません。その日の為替レートによって損失が出てしまうリスクがあります。一方、FXは自由に解約ができます。手数料は発生せず、スプレッドだけを支払えば良いというメリットがあります。

固定金利の面ではFXは負ける

FXのスワップポイントは、2国間の政策金利に左右されてしまいます。当初の想定よりも金利が下がってしまうかもしれません。しかし、外貨預金は契約した時点で金利が確定しているため、好条件のときに預金していると良さそうです。

カテゴリー: FX初心者講座 タグ: , パーマリンク